ラブホリックワンデーと度ありカラコンの概要

視力を矯正したいなら「度あり」のカラコンを選びましたが、eyemakeなら対応してくれています。

もちろん「度なし」もありますね。問題なのは、自分にあった度数を選ぶのが大事ということですね。

eyemakeカラコンなら1dayもマンスリーもあります。

度ありeyemake(アイメイク) 「度あり」対応カラコンについて カラコンには 度ありカラコン 度なしカラコン というのがあります。

その中でも、どちらも価格が同じ場合、度ありのほうが価格が高い場合があります。

eyemakeの場合は、価格は一緒ですね。 視力が悪い人は基本的には「度あり」を選ぶことになると思います。

最近の通販サイトでは、処方箋もなく購入できますが、やはり眼科で自分の度数やベースカーブを調べてもらってから買うにこしたことはありません。
それが面倒だからということで、ついつい、ネットで自分の視力に合った度数を質問したりする人もいますが、視力で度数は分かりませんので、やはり専門の人に診てもらって安心して使いたいところです。
カラコンの度数が分かったら 自分の度数、ベースカーブがわかりましたら、いよいよ購入なのですが、ここで、度数の範囲について書いておきます。 eyemakeを例に出しておきます。 POWER:±0.00、-0.50~-6.00(-0.25ピッチ)-6.50~-8.00(-0.50ピッチ) この範囲で度数を選べます。 最初の「±0.00」を選べば「度なし」で、それ以降、数字が大きくなるほど、矯正する力が強くなりますので、目が悪いほど、数字の大きいのを選びます。 よほど悪くない限り、「-8.00」までので大丈夫かとは思います。 これで、目が悪くても、矯正できるカラコンを手に入れることが出来るのですが、ここからまだもう少し続きます。 最初に買った時には丁度あってた度数も、何らかの原因で視力が低下することもありえます。 それを知るためにも、定期的に眼科に行くべきなんですね。
そうすることで、出来る限り、いつもあったものをつけれるというものです。 eyemakeなら1dayもありますので、度数が変わってたら、次に買うタイミングであってるのを選びなおすこともできます。 1年使用のとかになると、ついついその期間は大丈夫と思ってしまいがちですが、その場合でも、3ヶ月ごとくらいに行ければいいかなと思います。 eyemakeの場合は、カラバリが2色でブラックとブラウンだけなんで、そこで迷うこともありませんでした。 どっちも買うからです。 あくまで私の場合はですが、eyemakeブラックとeyemakeブラウンのそれぞれ1dayのを買っておいて、しっくりくるほうの1ヶ月使用のもまた買うと。
そんな買い方できるのもこの商品の魅力かな。

さて、異なるブランドのことを書きましたが、ラブホリックワンデーでも一緒のことを言えるでしょう。度ありカラコンを探すときの参考になれば幸いでございます。